代表あいさつ

加藤 優二 一級建築士

ホームページにようこそ。
最近お会いした方から、もっと早くお会いしたかったです、とか家を造る前に縁があったら良かったのにという言葉をよくいただきます。

若い時に精神的な病を患ったことで健康について考えることが身体に染み付いてしまいました。
31歳で起業しましたが、人は健康に生きるために何が必要か?そして家はどうあった方が良いか?
29年間問い続けて来ました。

おかげさまで弊社で施工した家にお住まいで、離婚をしたりしてその家を離れた家族はまだ一件もありません。
つくったお客様からも喜んでいただいています。
それはやはり建築家が陥りそうなただの作品をつくるのでなく、家族の人生をつくるという最も大切な視点に着目できたということだろうと自負しております。

また最近では、欠陥住宅で悩まされている方も少なくありません。
当事務所は私が最初から最後までお付き合いさせていただくので、責任ある仕事が出来ております。

29年間手掛けた建物でお客様とのトラブルは0件です。これからの時代に欠かせないのは心です。
是非心ある建物を一緒に建てましょう。

経歴

  • 1958年、宮崎県串間市生まれ
  • 関東学院大学卒業後、宮崎市の設計事務所に勤務
  • 平成2年に独立し『有限会社 優設計事務所』を設立
  • 平成4年より、健康を基本コンセプトにした家づくりの展開を始める
  • 平成6年、宮崎県住宅供給公社主催『ひとと地球に優しい住まい作り』優秀賞受賞
PAGE TOP